ポケモン周回遅れ

レートについての戯れ言と備忘録

【S15シングル使用構築】ラグマンダとクチート【最高2027】

S15お疲れさまでした。2000を越えた構築は忘れないように書き置きすると決めていたので書いています。
最高2027/最終1952

f:id:greatcats:20160517012604j:plain

・使用個体
f:id:greatcats:20160517012818p:plain
クチートクチートナイト
意地っ張り 252-252-0-0-0-4
じゃれつく/ふいうち/炎の牙/叩き落とす

必ずパーティに入れると決めているポケモン。ステロ展開の構築だが他のポケモンナットレイハッサムへの打点が用意できないので範囲を優先して炎の牙を搭載して剣の舞は不採用。メガポケモンとしての基本スペックが優れているため、無理をしてS操作のギミックを仕込む必要性は感じなかった。見た目からして性別は♂の方が合っていると思う。

f:id:greatcats:20160517014107p:plain
ボルトロス@オボンのみ
図太い 244-0-252-12-0-0
10万ボルト/目覚めるパワー氷/電磁波/悪巧み

クチートとの補完に優れるポケモン。当初はゴツゴツメットを被っていたもののガルーラに触ってもらえない事が多く、構築で破滅的に重いサンダーを見る必要が出たため悪巧みを搭載しオボンを持った。痺れをあまり引いてくれなかった。

f:id:greatcats:20160517014546p:plain
ジャローダゴツゴツメット
臆病 180-0-156-0-0-172
リーフストーム/挑発/リフレクター/光合成

テンプレゴツメジャローダクチート軸の天敵であり型の多様化により爆発的に数を増やしたキノガッサに勝てるポケモンとして投入。構築単位で苦手にしているスイクンクレセリア辺りの数値受けポケモンに強めな反面ゲンガー、ボルトロスをはじめとして勝てないポケモンが多すぎるため選出率は一番低く、ガッサを選出させない為だけにパーティーに居座った。

f:id:greatcats:20160517015435p:plain
ゲンガー@気合いの襷
無邪気 0-4-0-252-0-252
シャドーボール/ヘドロばくだん/道連れ/不意打ち

ゲンガーミラー、ギルガルド対面を有利対面に変える魔法のポケモンメガゲンガーに催眠術を撃たせないためのポケモンでもある。先発で相手のメガ枠と心中するだけでなくステロ展開の詰めアタッカーとしても活躍してくれた。特にメガゲンガーを突破してくれるとそのまま勝利に繋がるため、相手パーティにゲンガーを見た場合は積極的に初手投げした。催眠を撃たないゲンガーは良いポケモン

f:id:greatcats:20160517020137p:plain
ラグラージ@食べ残し
図太い252-0-220-0-36-0
波乗り/ステルスロック/欠伸/吠える

構築のMVP。レートで数回遭遇しクチートとの相性に優れると感じ採用した。裏メガのボーマンダと強力な積みサイクルの並びを形成しつつ、クチートの苦手とするポケモンからの安定した引き先としてサイクル戦に参加させるため回復ソースとして残飯を持たせた。初手に投げることは少なく、後投げからステロ+欠伸で展開していくのがメイン。ステロを撒かずに欠伸を連打することで体力を回復するという芸当も可能で、構築の軸と呼ぶに相応しい活躍をしてくれた。厳選の途中に偶々光ったのでそのまま採用し、その気持ち悪さでバトルをかき回してくれた。

f:id:greatcats:20160517021026p:plain
ボーマンダボーマンダナイト
意地っ張り 4-252-0-0-0-252
すてみタックル/空元気/地震/竜の舞

ラグマンダの並びを作る裏メガ。クチートの苦手とする多くのポケモンに刺さり、火傷の一貫を逆手に取る空元気とヒードランに撃つ地震を搭載。低乱数とはいえ受け出しのクレセリアを吹き飛ばす大火力ブーメラン。

・選出についてのあれこれ
基本選出はラグラージ+ゲンガー+クチートorボーマンダ
ラグラージのステロ展開でかき回しつつ後ろのゲンガー+メガ枠で抜いていくというのが当構築のコンセプト。
初手のラグラージは読まれやすいため、どのポケモンからも投げましたがクチートボーマンダを初手に投げることでラグラージの物理耐久を補える点が便利でした。初手ゲンガーで数的有利を取りに行くことも多かったです。
ジャローダはガルーラの後ろにスイクンクレセリアが並んだ場合に選出。ボルトロスはゲンガーに代わって稀に選出しました。
初手のガルーラに対してはゲンガーかメガ枠を投げれば比較的安定してラグラージへ引くことができるので、ガルーラ軸に対しての勝率はかなり良かった印象です。

・苦手なポケモン
f:id:greatcats:20160517023028p:plainf:id:greatcats:20160517023040p:plain
終盤でやたらと遭遇しレートを奪っていったポケモン達。ジャローダで勝てずボーマンダに強い草タイプ
f:id:greatcats:20160517023256p:plain
高打点の数値受け。クチートジャローダを出しにくいポケモンを引き連れて現れると…

・言い訳
最終的には1900中盤までレートを落としたもののセンス0の自分に初めてのレート2000を達成させてくれました。この構築が出来上がったのがシーズン終了5日前、こなせた試合数も50試合ほどなので対戦回数次第でレートを伸ばせる可能性は感じました。ボルトロスを選出して活躍した記憶がないので、そこをポリゴン2に変えてS16も引き続き運用する予定です。
最後に対戦して下さった皆様、ここまで見て下さった皆様、Twitterにて一緒にポケモンして下さった皆様 ありがとうございました
f:id:greatcats:20160517030628j:plain
f:id:greatcats:20160517030651j:plain