ポケモン周回遅れ

レートについての戯れ言と備忘録

お疲れ様でした

ポケモン6世代レーティング、お疲れ様でした。
最終シーズンは前期と同じ構築で潜りましたが満足のいく結果は得られませんでした。

http://greatcats.hatenablog.com/entry/2016/07/20/002238
(多くの方に見て頂いたようで大変嬉しく思います。)

ウルガモスの個体増加は勿論、身代わりを置くタイプのクレセリアと、それを意識してか毒々を所持したポケモンも多く見られたため、環境そのものが数値受けサイクルには逆風であったように思います。構築を新調する為の時間が十分に用意できなかった事が悔やまれますが、単に実力不足が露呈しただけとも考えられ、少々後味の悪い結果に。

f:id:greatcats:20160913093943p:plain

6世代全体を通しては、好きなポケモンを一貫して使い続けることができ、尚且つ個人的には満足のいくレートを記録できたので悔いはありません。ただゲームバランスや諸仕様への不満から対戦内容そのものを楽しむ事ができたとは言えず、この辺りは7世代における仕様変更に期待したいところです。

次世代でのメガシンカの存否について不安を募らせる日々が続きましたが、廃止になっても仕方がないとの考えに至りました。好きなポケモンをより活躍させる為に必須の要素ではあるのですが、どうも調整が望めそうになさそうな雰囲気がありますので…勿論続投して欲しいとは思っています。

f:id:greatcats:20160913095917p:plain

最後にTwitterにて一緒にポケモンしてくださった皆様に感謝致します。(少々毒を吐いて不快な思いをさせてしまう事もあったかとおもいます、申し訳ありませんでした。)6世代を走りきることができたのは皆様のお陰に他なりません。ポケモン対戦に関する文句が飛び交う様は見ているだけでクスッとできてしまう楽しい時間でした。7世代も引き続き仲良くして頂けると嬉しいです。